宇宙天気ニュース 2003年一覧

宇宙天気予報当番 Tel:042-327-6369
情報通信研究機構宇宙環境計測グループ
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。


ニュース最新ページ

2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 最新の一覧へ

2003/10/29 19:00 〜10/31 01:00 作成
2003/10/31 13:00 〜10/31 17:00 作成
2003/10/31 21:00 作成
2003/11/ 1 10:00 作成
2003/11/ 1 21:00 作成
2003/11/ 2 23:00 作成
2003/11/ 4 12:00 作成
2003/11/ 4 20:11 作成
2003/11/ 5 02:15 作成
2003/11/ 5 10:31 作成
2003/11/ 6 15:39 作成
2003/11/ 7 16:06 作成
2003/11/11 19:06 作成
2003/11/13 17:56 作成
2003/11/15 16:18 作成
2003/11/16 11:36 作成
2003/11/17 17:27 作成
2003/11/18 15:34 コロナホールによる高速太陽風は現在も継続しています
2003/11/19 10:30 フレア(太陽爆発)によってハローCMEが観測されました
2003/11/20 10:01 高速太陽風も弱まって、静穏な状態です。今日の午後以降に衝撃波の到来が予想されます。
2003/11/20 17:03 衝撃波が間もなく地球に到着します
2003/11/20 17:58 太陽風衝撃波が地球に到着しました
2003/11/20 21:08 磁気嵐が開始しました。強い南向き太陽風磁場のため、磁気嵐が非常に発達する可能性があります。
2003/11/20 23:54 磁気嵐が急激に発達しています。低緯度オーロラ発生の可能性があります。
2003/11/21 09:03 磁気嵐は猛烈な発達をしました。現在は回復相に入っています。
2003/11/21 21:10 磁気嵐は終息しつつあります。太陽はフレアを活発に起こしています。
2003/11/22 22:31 磁気嵐は終了し、現在は静穏です。
2003/11/23 22:58 磁気圏は静穏ですが、太陽風がやや高速なため擾乱が活発になる可能性があります
2003/11/24 12:05 現在も静穏な状態が続いています。
2003/11/25 10:44 太陽風の速度が再び上昇しています。オーロラ活動が活発化する可能性があります。
2003/11/26 11:37 静穏な状態が続いています。宇宙から見た日食の影をご覧ください。
2003/11/27 07:16 静穏な状態です。太陽黒点507によるフレアに注意してください。
2003/11/29 08:42 しばらく静穏な状態が続くと思われます。
2003/11/30 08:04 とても静穏です。太陽風速度が350〜400km/秒に低下しています。
2003/12/ 1 12:31 太陽風磁場が南を向いているため、磁気圏内の活動度がやや上がっています。
2003/12/ 2 10:11 現在は静穏です。明日以降、コロナホールの影響による擾乱が予想されます。
2003/12/ 3 10:57 非常に静穏です。これからコロナホールの影響よる磁気圏擾乱が始まると予想されます。
2003/12/ 4 10:04 静穏な状態です。これから高速太陽風によって磁気圏擾乱が活発化する可能性があります。
2003/12/ 5 10:27 静穏な状態が続いています。コロナホールの影響は無かった様です。
2003/12/ 5 15:58 太陽風磁場が大きく南を向いたため、磁気嵐が開始しています。
2003/12/ 6 09:58 磁気嵐は終息に向かっています。オーロラ活動はしばらく続きそうです。
2003/12/ 7 20:11 太陽風の速度が下がり、静穏になっています。
2003/12/ 8 10:05 太陽風磁場が南向き傾向のため、オーロラ活動がやや活発な様です。
2003/12/ 9 11:04 コロナホールの影響で、太陽風の速度が上昇しています。
2003/12/ 9 21:19 太陽風の速度が上昇しています。オーロラ活動が強まっています。
2003/12/10 10:48 コロナホールによる高速太陽風が地球に来ています。もうしばらく荒れた状態が続きます。
2003/12/11 10:38 太陽風が非常に高速です。磁気嵐が発達する可能性があります。
2003/12/12 10:18 高速太陽風は現在も続いていますが、磁気圏の乱れは激しいものではありません。
2003/12/13 06:51 磁気圏は静かです。高速太陽風はもうしばらく続きます。
2003/12/14 08:30 コロナホールの影響が続いています。
2003/12/15 10:35 太陽風の速度は次第に低下しています。
2003/12/16 10:38 コロナホールの影響を抜けた様です。太陽風速度は通常レベルへ低下するでしょう。
2003/12/17 10:44 太陽風の速度は順調に低下しています。
2003/12/18 11:14 磁気圏は静かな状態になっています。
2003/12/19 10:41 静穏な状態が続いています(セクター構造を越えた様です)。次のコロナホールに注意してください。
2003/12/20 07:50 太陽風速度は300km/秒まで低下し、磁気圏はすっかり静かです。
2003/12/21 07:19 コロナホールの影響で、太陽風の様子が大きく変わっています。
2003/12/22 10:26 コロナホールのために太陽風は高速ですが、大きな擾乱には発達していません。
2003/12/23 06:51 太陽風速度は600〜650km/秒で続いています。磁気圏擾乱はあまり見られません。
2003/12/24 11:01 コロナホールの影響は弱まり、太陽風の速度は低下しつつあります。
2003/12/25 10:20 太陽風の速度は400km/秒まで低下しました。しばらく大きな乱れは起こらないでしょう。
2003/12/26 08:29 磁気圏は静穏です。太陽風速度は360km/秒に下がっています。
2003/12/27 10:01 磁気圏は静かな状態が続いています。
2003/12/28 06:44 磁気圏は静かです。これから、短期的にオーロラが活発になるかもしれません。
2003/12/29 08:05 太陽風の速度がやや速い状態が続いていましたが、低下し始めています。
2003/12/30 08:19  太陽風の速度は下がり、磁気圏は静かになっています。
2003/12/31 10:51 太陽風の様子に変化が見られます。安定するまで、1日程度注視して下さい。


お問い合わせはこちらへお願いします。
・宇宙天気予報当番 Tel:042-327-6369

最新の宇宙環境情報はこちらでご覧になれます。
最新の宇宙環境情報
最新の太陽地球環境予報
NICT太陽地球環境情報サービス

この情報ページについて、コメント、要望などがありましたら、
篠原 学( m_shino@nict.go.jp )宛てお知らせ下さい。