宇宙天気ニュース

宇宙天気予報当番 Tel:042-327-6369
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。

宇宙天気情報BOX

Y. Obana
最新状況 (20:13)
太陽フレアは静かです。
太陽風は速度、南向き磁場ともに静かです。
磁気圏は静かです。
放射線帯電子がやや強くなっています。太陽放射線は静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
7/ 1 --- ---
6/30 --- ---
6/29 --- ---

黒点  7/ 1 (NOAA)
磁場 フレア
なし --- --- ---

太陽風 (ACE)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
20:05 417 -0.3
-2 h 397 +0.8
-4 h 403 -2.9
-6 h 398 +3.5
-8 h 401 -0.9
-10 h 375 +0.6
-12 h 372 -2.6

磁気圏 (NICT)
時刻
JST
環電流
nT
20:30 -17 -/ -
-2 h -18 -/ -
-4 h -14 -/ -
-6 h -16 -/ -
-8 h -12 -/ -
-10 h -15 -/ -
-12 h -15 -/ -

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.1 4x10^1
7/ 1 0.3 5x10^3
6/30 0.4 4x10^3
6/29 0.5 6x10^3
6/28 0.4 5x10^3
6/27 0.4 7x10^3

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期 (NICT)
短期太陽風電子
太陽黒点 (SOHO)
太陽X線 (GOES)
活動領域 (NASA)
EIT284 (SOHO)
EIT195 (SOHO)
LASCO C2 (SOHO)
LASCO C3 (SOHO)
STEREO (STEREO)
太陽風 1日 (ACE)
太陽風 7日 (ACE)
セクター構造 (NICT)
太陽放射線 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
衛星電子 (GOES)
衛星環境 (GOES)
Dst予測 (NICT)
AE指数 (NICT)
AE指数 (京都大学)
Dst (京都大学)
NICT磁力計 (NICT)
シベリア磁場 (NICT)
オーロラ帯 (CARISMA)
Alaskaカメラ (SALMON)

情報ページ
宇宙天気用語集
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター
Space Weather Prediction Center
[ 前周期は 6月 4日 ] [ 図を別枠で表示 ] [ 画像集 ] [特別記事 ]

これまでの経過 (過去のニュースの全リスト)
2010/ 3/27 10:38 C2.5の小規模フレアが発生しました。太陽風の磁場が強まっています。
2010/ 3/28 10:16 Cクラスの小規模フレアが4回発生しました。太陽風は400km/秒で安定しています。
2010/ 3/29 09:04 1057黒点群は穏やかです。小規模のオーロラ活動が発生しています。
2010/ 3/30 09:52 1057黒点群が小さくなっているようです。太陽風は低速風になっています。
2010/ 3/31 09:20 CMEが2方向に発生しています。太陽風は400km/秒前後で穏やかです。

2010/ 4/ 1 10:12 更新
宇宙天気ニュース移転のお知らせ

担当 篠原

最新の宇宙天気ニュースは、以下のURLからごらんください。

http://swnews.jp

こちらの宇宙天気情報もごらん下さい。
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター




お問い合わせはこちらへお願いします。
・宇宙天気予報当番 Tel:042-327-6369

こちらの宇宙天気情報もごらん下さい。
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター

この情報ページについて、コメント、要望などがありましたら、
篠原 学( m_shino@nict.go.jp )宛てお知らせ下さい。