ニューラルネットワークによるDst指数(赤道環電流)の予測

情報通信研究機構では、ACE衛星が観測した太陽風データを基に、
ニューラルネットワークの手法によりDst指数(赤道環電流)の予測を行っています。
参考:ニューラルネットワーク法によるDst指数の予測

Dst指数は磁気嵐の発達の様子を知る宇宙天気の重要な指数のひとつで、この図では予測値を赤線で示しています。
青い横線は静穏レベルを示しており、ここから下へ下がるほどDst指数が大きくなっている
(赤道環電流が強くなっている=磁気嵐が発達している)ことを意味しています。

参考のため、静穏日の変化を差し引き、緯度効果も加味した沖縄の磁場変動データを緑線でプロットしています。
両者は基本的に類似した変化をしますが、オーロラ活動など磁気圏で擾乱が発生すると
沖縄データはDst指数の線からより離れて変化するようになります。

Dst指数の予測はACE衛星の観測に依存していますので、データ欠損があると予測に誤差が生じます。
従って、観測上の問題で赤線と緑線が離れてしまうこともありますので、注意をお願いします。

図は3日間の幅でプロットしています。
時刻表示は世界時ですので、日本時間には+9時間することで換算できます。
このページは約10分間隔で自動更新されます。