宇宙天気ニュース (これは過去のニュースです)

宇宙天気予報当番 Tel:042-327-6369
情報通信研究機構宇宙環境計測グループ
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。

ニュース発行時の
宇宙天気概況

Y. Obana
最新状況 (10:35)
昨日、C1.4の小規模フレアが発生しています。
太陽風は速度、南向き磁場ともに静かです。
磁気圏は静かです。
太陽放射線と放射線帯電子はともに静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
1/ 5 --- ---
1/ 4 12:35 C1.4
1/ 3 10:05 C2.0
07:37 C3.2

黒点  1/ 5 (NOAA)
磁場 フレア
1039 5 β C3

太陽風 (ACE)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
10:26 306 +1.6
-2 h 301 +3.0
-4 h 279 +1.6
-6 h 264 +2.6
-8 h 256 +1.5
-10 h 264 +1.0
-12 h 287 +0.2

磁気圏 (NICT)
時刻
JST
環電流
nT
沖縄擾乱
nT
09:59 -4 6/ 5
-2 h -6 4/ 3
-4 h -6 3/ 5
-6 h -7 1/ 2
-8 h -8 0/ 4
-10 h -10 -1/ 5
-12 h -11 -3/ 3

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.2 -x10^-Inf
1/ 5 0.5 5x10^0
1/ 4 0.6 6x10^0
1/ 3 0.6 5x10^0
1/ 2 0.6 7x10^0
1/ 1 0.8 5x10^0

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期 (NICT)
短期太陽風電子
太陽黒点 (SOHO)
太陽X線 (GOES)
活動領域 (NASA)
EIT284 (SOHO)
EIT195 (SOHO)
LASCO C2 (SOHO)
LASCO C3 (SOHO)
STEREO (STEREO)
コロナホール (NAOJ)
太陽風 1日 (ACE)
太陽風 7日 (ACE)
セクター構造 (NICT)
太陽放射線 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
衛星電子 (GOES)
衛星環境 (GOES)
衛星電子予測 (JAXA)
沖縄磁場変動 (NICT)
Dst予測 (NICT)
AE指数 (NICT)
AE指数 (京都大学)
Dst (京都大学)
NICT磁力計 (NICT)
シベリア磁場 (NICT)
昭和基地 (NICT)
オーロラ帯 (CARISMA)
Alaskaカメラ (SALMON)

情報ページ
宇宙天気用語集
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター
宇宙環境計測グループ
Space Weather Prediction Center
これまでの経過 (過去のニュースの全リスト)
2009/12/31 12:20 太陽風は270km/秒とかなり低速の状態です。このまま静かに年越しとなるでしょう。
2010/ 1/ 1 11:05 280km/秒の低速太陽風が続いています。オーロラ活動も低調です。
2010/ 1/ 2 12:29 太陽風は低速ですが、磁場強度がやや強まっていて、いくらか速度が上昇するかもしれません。
2010/ 1/ 3 08:25 1039黒点群がCクラスフレアを3回起こしました。太陽風は低速で、磁気圏も静穏です。
2010/ 1/ 4 09:58 1039黒点群が小規模の活動を続けています。太陽風は300km/秒と低速状態です。
最新のニュース

2010/ 1/ 5 10:35 更新
1039黒点群の活動は落ち着いて来たようです。太陽風は低速です。12月の黒点状況です。

担当 篠原

12月の黒点数が、SIDCより発表されました。
これによると、12月に黒点が見られなかったのは、10日だけだったとのことです。
無黒点日数の表とグラフを掲載します。

2006年無黒点日数
11月3日
12月8日
2007年
1月0日
2月6日
3月15日
4月22日
5月4日
6月11日
7月9日
8月9日
9月22日
10月28日
11月24日
12月13日
2008年
1月19日
2月22日
3月17日
4月20日
5月21日
6月17日
7月29日
8月29日
9月26日
10月21日
11月18日
12月28日
2009年
1月25日
2月23日
3月28日
4月25日
5月20日
6月21日
7月22日
8月31日
9月19日
10月21日
11月16日
12月10日


10日台前半にまで下がったのは、2年ぶりのことです。
グラフは、11月、12月と一気に減少しています。

黒点出現緯度のグラフも、11月以降、黒点群の数が一気に増しています。

12月後半からは、フレアも毎日のように発生していて、
いつの間にか、C1〜2程度では驚かなくなってしまいました。
今後の推移を見る必要がありますが、変化とはこういうものなのかもしれません。

そもそも、この無黒点日数の表も、
2年程度で終わる積もりだったのですが、いつの間にか3年を超えてしまい、
いつまで掲載を続けなければならないのだろうかと心配していたのですが、
この様子だと、今年中に終わることができるかもしれません。

引き続き、極小からの立ち上がりの経過を見守っていきましょう。


さて、その太陽ですが、1039黒点群は西に傾き、もうすぐ没していきます。
昨日は、4日12時半(世界時4日3時半)に、C1.3の小規模フレアを起こしましたが
(とても短時間の変化だったようで、掲載のX線グラフではCクラスまで変化が達していません)、
以降、目立った変化は発生していません。
1039群の活動は一段落したのかもしれません。

SOHOのEITの更新が止まっているので、STEREO BehindのEUVI195を掲載します。
地球よりも、5日分先の太陽を見ています。
これによると、北半球の東側に活動的な領域がまとまって光っています。
地球からだと、先頭がちょうど見えてくるころではないかと思います。
動画の様子では、現在の活動度は高くなさそうです。

また、この写真では、北半球の中央にコロナホールが見えます。
5日後に地球でこのように見えるとすると、
1週間後くらいに高速の太陽風がやって来るかもしれません。


現在の太陽風は、速度は300km/秒を上下しています。
磁場強度は、また7nTくらいにやや強まり、今朝から2nTほどに弱まっています。

若干磁場が南寄りになり、小さなオーロラ活動を作っています。
AE指数には、300nTほどの変化が見えています。

今後も、太陽風の速度は遅い状態が続くでしょう。
ここ2日ほどのように、磁場が南を向けば、小規模のオーロラ活動は期待できます。



2006年7月以降の、月ごとの無黒点日数の変化。
(c) 作図 : 宇宙天気ニュース、データ : SIDC


2008年1月以降に出現した太陽黒点の緯度の変化。
(c) 作図 : 宇宙天気ニュース、データ : NOAA


SOHOによる太陽の可視光写真。1039黒点群は西に没しつつあります。
(c) SOHO (ESA & NASA)


STEREO behind衛星による太陽コロナ。地球から5日分ほど先の太陽を見ています。
(c) NASA


GOES衛星の太陽X線データ
(c) NOAA/SWPC



ACEが観測した太陽風の磁場(1番上の枠、白線は全体の強度、赤線は南北成分)
および、太陽風の密度(3番目の橙線)、速度(4番目の黄線)
(c) NOAA/SWPC



リアルタイムAE指数
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学, NICT



シベリアで観測された3日間の磁場データ
右側の3分の1が、昨日のデータになります。グラフが上がったり下がったりすると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) NICT



27日の太陽周期に合わせたデータプロット
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) NICT
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
Bx (nT)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
Bx (nT)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
GOES衛星による、静止衛星軌道における高エネルギー電子の変化
(c) NOAA/SWPC




お問い合わせはこちらへお願いします。
・宇宙天気予報当番 Tel:042-327-6369

こちらの宇宙天気情報もごらん下さい。
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター

この情報ページについて、コメント、要望などがありましたら、
篠原 学( m_shino@nict.go.jp )宛てお知らせ下さい。